デジタルハリウッドが提供する「自社専用クリエイターチーム」を発足できる定額制サービス『ランサーユニット』をアップグレード!

最終更新: 2月8日

新たに「ユニットディレクター/コーディネーター」サービスを開始。

クリエイターへの発注経験が少ない企業の方向けに最適化に


デジタルハリウッドはデジタルハリウッドを卒業生した専門スキルを持つクリエイターチームにいつでもクリエイティブ制作を依頼できる定額制サービス『ランサーユニット』 がアップグレードされました。



今回より新たに「ユニットディレクター(有料)」と「ユニットコーディネーター(無料)」のオプションサービスを開始しました。

クリエイティブ制作に精通した人材が、企業とクリエイターチームの間をつなぐ“調整役”としてチームに加入することで、フリーランスのマネジメントに不安がある企業の方でも安心してクリエイティブ制作を進められるようになりました。


豊富な経験を持つユニットディレクターやコーディネーターが、プロジェクト進行と課題解決をリードする役割を担うため、より短期間で効果的なアウトプットを生み出すことができます。

「クリエイティブ制作が後回しになってなかなか進まない」「そもそもどうやって制作を進めていけばいいのかわからない」といった課題を抱える企業の方に最適化したランサーユニットにアップグレードされました。


■ ランサーユニットとは


デジタルハリウッドの卒業生を中心としたクリエイターを最大5名のユニットで確保し、好きなタイミングでいつでも発注ができるサービスです。案件ごとにオーダーメイドでユニットを編成することで、擬似的に「社内のクリエイティブ専門チーム」を持つことができます。


<対応業務>

Web、CG、グラフィックなど、領域を限定せず幅広い業務に対応します。(例:Webサイト制作、アクセス解析、SNS運用、パワーポイントデザイン、バナーデザイン、キャラクターデザイン、イラスト制作、動画制作、ドローン撮影、VR制作など)


<在籍クリエイター>

90,000名のデジタルハリウッド卒業生を中心に募集。半数以上が10年以上のベテランです。実績豊富なプロクリエイターの中から、案件ごとに最適な人材を選定してチームを編成します。


<3つのメリット>

1) 最適なメンバーで最大限の成果を

専任スタッフが案件に合う最適なクリエイターを選定・提案します。また3ヶ月に一度案件とチームを見直し、ミスマッチの少ない柔軟なチーム編成を実現します。

2)まるで社員感覚のコミュニケーション

チャットツール、直接お電話など、企業ごとのスタイルでクリエイターといつでもやりとりできるので、「まるで社員に依頼している感覚」との声をいただいています。

3) 圧倒的なコストパフォーマンス

仲介料はユニットを確保するための固定費(月額60,000円~)のみで、いつでも原価でプロに発注できる状態を提供。依頼する案件が多いほど低コストでの発注を実現できます。


■ アップグレードの背景

コロナ禍におけるテレワークの普及により、営業活動のオンライン化を進める企業が急増しています。サービス開始から1年で、営業資料のデジタル化、サービス紹介動画の作成、Webサイトの改善など、さまざまな場面でランサーユニットを数多く活用いただきました。

一方で、緊急事態における業務の多忙化も影響し、新たなクリエイティブ制作に手が回らず、ランサーユニットを活用しきれていない企業が増えている等、見えてきた課題もありました。そこで重要になるのが、企業とクリエイターチームの間に立つ“調整役”の存在であると考えました。全体を見渡して臨機応変に対応できる人材がいることで、滞りがちな案件もスムーズに推進できるからです。

フリーランスへの発注経験や、時間的余裕の少ない企業であっても、もっと安心してクリエイティブ制作を進められる体制が構築できるよう、今回のアップグレードを実施しました。

■ 進化した2つのポイント

1) 「ユニットディレクター」による業務ディレクション(有料)

月額固定費にオプションで追加できるサービスです(月50,000円~)。企業の担当者の目線に立った案件全体のディレクションを担います。クライアントとのお打ち合わせから参加し、案件整理、業務全体の設計から任せられるので、フリーランスへの発注経験がない方に最適です。




2) 「ユニットコーディネーター」による運営サポート(無料)

企業の担当者やクリエイターに困っていることがないかを日々チェックし、お声がけしたり相談に乗ったりする役目を担います。進捗の遅れや、イメージの齟齬など、細かな問題も放置せずに丁寧に確認していくことで、期待する成果物をスムーズに生み出すことができます。


■ ユニットディレクターの紹介

響尾彰規(おとおあきのり) ディレクター

大学卒業後、複数の大手ファッションブランドECサイトを運用・制作する企業のデザイン部に入社、デザイナーとしてのキャリアをスタート。

その後、制作会社、大手ファッションメディアに従事。2016年よりフリーランス。現在、デジタルハリウッドSTUDIOトレーナーとして後進を育成し多くの卒業生を輩出。

企業とクリエイターの間で、要件整理・発注サポート、ユニットメンバー管理を行います。