11/22 開催『近未来教育フォーラム 2018 The ART into Future 』デジタルハリウッド主催

    最終更新: 2018年10月25日

    基調講演は、美術批評家・布施英利氏による「過去と未来を繋ぐアートの、21世紀における役割」


    デジタルハリウッドは、 『近未来教育フォーラム 2018 The ART into Future』と題したフォーラムを11月22日に開催します。

    基調講演には、 芸術と科学が交錯する美の研究で知られる美術批評家、 布施英利氏をお迎えし、 「過去と未来を繋ぐアートの、 21世紀における役割」と題してご講演いただきます。 続くセッションでは、 「EdTech」「Re-Design」「Academy」「Arts & Media」の4つのトラックを設け、 N高等学校・副校長の上木原孝伸氏、 WEデザインスクールの稲葉裕美氏、 トライデントデザイン専門学校の山城明子氏、 東京女子大学の下出鉄男氏など、 産学の有識者を迎えご講演いただきます。 また、 デジタルハリウッドの教員や最先端の実務家とともに、 デジタルハリウッドが各教育事業で取り組む教育手法やカリキュラム、 構想についてもご報告いたします。



    ◎講演タイトル

    【基調講演】

    過去と未来を繋ぐアートの、 21世紀における役割

    【EdTech Track】

    1.EdTechは教育に何をもたらすのか?~大きく変わる世界の教育と日本のこれから~ 2.「未来の教室」を今、 つくる ~N高の挑戦と展望~

    【Re-Design Track】

    1.社会人は「感性」を取り戻せるか? ~クリエイティブの根源を探る~ 2.起爆する次世代のクリエイター像

    【Academy Track】

    1.トライデントデザイン専門学校、 デジタルハリウッドの教育改革最新レポート 2.内部質保証体制の構築について-恒常的な自己点検・評価活動と第3期認証評価への課題-

    【Arts & Media Track】

    1.山口からこんにちは!-アートとテクノロジーの交差点でおこっていること-

    本フォーラムが、 皆さまにとって新たな発見と未来への行動につながるきっかけとなれば幸いです。

    また、 当日はデジタルメディア・コンテンツなどの自主研究や受託研究に積極的に取り組んでいる「デジタルハリウッド大学 メディアサイエンス研究所 研究紀要「DHU Journal」論文発表会」も同時開催いたします。 研究成果や過程を企業の皆様にもご覧いただき、 共に産学官連携を推進するきっかけ作りができればと考えております。

    【近未来教育フォーラム2018 / メディアサイエンス研究所研究紀要「DHU Journal」論文発表会 開催概要】

    日 時 : <近未来教育フォーラム2018> 2018年11月22日(木)15:00~18:45 (開場14:30)

    <メディアサイエンス研究所研究発表会> 2018年11月22日(木) 19:00~20:00頃 (開場18:45)

    会 場 :デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス 3F 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3階

    アクセス:JR「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩1分      東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B2出口直結      東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分      JR「秋葉原駅」より徒歩9分

    参加費 :無料(要事前予約) *当日受付時にお名刺を頂戴致します

    主 催 :デジタルハリウッド大学、 デジタルハリウッド大学院、 デジタルハリウッド(専門スクール)

    申込期限:2018年11月19日(月)迄


    xWORKS_logo-min.png
    logo_dhw_online bk.png

    Copyright ©2020 Digital Hollywood All Rights Reserved.