【クリエイターインタビュー】Webも動画もチーム制作で対応できるSTUDIO新潟。


デジタルハリウッドSTUDIO新潟のチームでの制作体制についてご紹介します。

案件のレベルに応じて最適な人員をマッチングしながら、クオリティ・コスト効率・スピード感のある制作を行っています。デジタルハリウッドSTUDIO新潟マネージャーの川谷さんにお話をお伺いしました。

デジタルハリウッドSTUDIO新潟マネージャー川谷 大陽さん

-STUDIO新潟チームはどのような制作体制ですか?


私がディレクションを担当し、Webデザイン・グラフィックデザイン・動画制作のメンバーで制作を行っています。

まず私が案件内容を把握し、クライアントの希望・要件に合った人を選んで制作を行っています。求めるレベルの高いものは、ベテランのデザイナーへ。比較的簡単な内容であれば、STUDIOを卒業したての新人のデザイナーへと割り振ることもあります。



-なるほど。新人デザイナーへ依頼することでコストを抑えた提案もできますね。

川谷さんがクオリティコントロールをされているので、その点も安心です。

実際、修正希望なども少ないと感じるのですが、なにか工夫されていますか?


はい。まず私自身が内容をしっかり理解できるようにしてから、デザイナーへ依頼をしています。

そして、デザイナーの作品をチェックして、「これはどういう解釈?」と疑問に思う際は、その時点で戻します。





-Webと動画の両方の案件をチーム制作できることも特徴だと思うのですが、チーム制作のメリットはありますか?


それぞれの得意分野の掛け合わせで、高いクオリティの制作ができることがあります。

実は最近、グラフィックデザイナーと動画クリエイターのコラボレーションで、より良い作品が生まれました。


動画のデザイン案を数パターン提案することになった際に、動画クリエイターだけではなく、グラフィックデザイナーにも絵作りの相談を行いました。

グラフィックデザイナーが作ってきたデザインは、「クオリティが高い。でも、動画でこのデザインを実装するのは、わりと大変・・・」という内容でした。

ですが、動画クリエイターも触発されて、デザイン通りに実装することができました。


結果、素晴らしいクオリティのグラフィック動画が完成。それぞれの得意分野を掛け合わせることで、より良い合うトップができると実感した事例です。



-STUDIO新潟にて新しく学んだ卒業生もどんどん輩出されるかと思いますが、

その方たちもチームに加わったりすることはあるのでしょうか?


はい。案件によっては、卒業したてのビギナーの方にお願いすることもあります。

ビギナーを動かすことでコストを抑えた提案もできます。

もちろん、クオリティの担保は必要なので、私のほうでディレクションを行い、

案件に応じて適切な人材をアサインしています。


-新潟エリアに、デザイナーが増えていくことができる素晴らしい取り組みですね。


実際、新潟ではナショナルクライアントの案件を直接取りに行くのは難しいのですが、

xWORKS経由でナショナルクライアントの案件にも挑戦できます。

それもすごく良いと感じています。 クライアントにとっても、地方のデザイナーを活用できるメリットもあるのではないでしょうか。

STUDIO新潟では、ディレクターの川谷さんを中心に、動画・Webのフリーランスチームで仕事を行っています。

スクールとして人材育成も行っているため、案件のレベル感に応じた人材アサインを行い、コスト効率の良い制作体制を実現。

ハイレベルな提案から、コスト効率の良い提案まで、幅広い対応が可能です。

ご興味をお持ちの方は、お問い合わせください。





xWORKS_logo-min.png
logo_dhw_online bk.png

Copyright ©2020 Digital Hollywood All Rights Reserved.